高速道路での交通事故は悲惨な状態になることが多い

一般道に比べて、高速道路はかなりスピードを出すのが一般的です。そのため、交通事故が発生した場合には、人身事故でもかなり大規模な事故になるケースが多くなっています。特に玉突き衝突などが発生しやすい傾向にあるので、車間距離は十分に取って走行しましょう。

最近増えている大型車両の事故


最近社会問題化しているのが、バスやトラックなどの大型車両による交通事故です。しかも高速道路での事故が多くなっており、運転手の過労が主な原因だと言われています。そのため、バスの勤務時間や運送業者の勤務時間などを見直す動きも出てきているのです。

このような大型車両の事故に乗用車が巻き込まれてしまうと、当然小さな乗用車の方が、被害が大きくなってしまうことが多いでしょう。人によっては大型車両の近くを走るのは怖いと感じてしまう人も多いのです。大型車両に限らず、高速道路は重大な事故なるケースがあるということを忘れてはいけません。

渋滞でイライラするケースが多い


高速道路も一般道と同じように渋滞が発生することもあります。しかし、高速道路と一般道の渋滞では、規模が違うと言ってよいでしょう。しかも一般道であれば、途中でわき道にそれることが可能な場所もあります。逆に高速道路ではワキ道が存在していないので、数十キロ先まで渋滞ということもあるのです。

このような渋滞でイライラしてしまい、つい無理な運転をして交通事故を起こしてしまう人もいるのです。中にはトイレを我慢して、パーキングエリアまで急いで運転し、事故を起こしてしまうケースもあります。いついかなるときにも、冷静な状態を保つことが交通事故を防ぐことに繋がるのです。

まとめ

高速道路は信号もありませんし、歩行者や自転車が走行していることもありません。そのため、歩行者や自転車を巻き込む事故の心配はいりませんが、車同士の事故が発生しやすいと言えるでしょう。かなりのスピードが出ているので、決して無理な運転をしてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です