夜間の運転には十分注意が必要

交通事故は、明るい時間帯よりも暗い時間帯の方が多くなっています。そのため、仕事に行くときよりも、仕事から帰ってくるときの方が交通事故は起こりやすくなっているのです。その理由はいろいろとあるのですが、特に多くなるのが人身事故だと言えるでしょう。

夜間の交通事故が多い理由


なぜ明るい時間帯よりも、夜の方が交通事故が発生しやすいのでしょうか。一般的には道が暗くて歩行者や自転車が見えにくいからなのですが、決してそのようなことはありません。確かに自転車などは、無灯火で運転する人が増えているので、交通事故が発生しやすくなると言えるでしょう。

しかし、実際には仕事で疲れて帰ってくることから、判断力が鈍っているというのが理由の1つです。他にも残業で夜遅くなってしまったから、早く帰りたいと焦ってしまうことも挙げられるでしょう。さらに眠くなる時間帯でもあるので、危険な事故が多くなるのです。

飲酒運転での事故が多い


夜間に人身事故が増える原因は、疲れによる判断力の低下や眠気などだけではありません。お酒を飲んで運転する人や、お酒を飲んで道路に飛び出してくる人が増えることも理由だと言えます。特に飲酒運転は一向に減ることはなく、横ばい状態になっているのが現状です。

車の運転をしている人だけではなく、歩行者もお酒を飲んで歩くことで、信号無視や飛び出しが増えるため、夜間に交通事故が発生しやすくなります。特に年末は忘年会シーズンなので、飲酒運転などの事故が増えてしまうのですが、お酒を飲んだら絶対に車や自転車を運転してはいけません。

まとめ

夜間に交通事故が増える原因はいろいろとあるのですが、夜間に次いで多いのが平日の朝になります。遅刻しそうになって慌てて運転をする人や、渋滞が発生しやすいので、イライラして運転する人が多くなることが理由だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です