天候によっても交通事故の発生率は変わる

交通事故の発生率というのは、道路状況だけではなく、天候によっても変わってくると言えるでしょう。特に近年は異常気象で、ゲリラ豪雨などで道路が冠水することや、前が見えにくくなることもあるのです。そうすると交通事故も発生しやすくなるので、十分注意して走りましょう。

雨が降ると滑りやすく視界が悪くなる


大雨が降ることによって、普段よりも道路が滑りやすくなっているため、普段通りに走行していると、交通事故が発生してしまう可能性が増えるでしょう。そのため、普段よりも車間距離を取るようにすることや、早めにブレーキを踏むなどの対策を立てる必要があるのです。

雨による影響は、道が滑りやすくなるというだけではありません。他にも視界が悪くなってしまうことがあります。ワイパーを動かしていても、雨の勢いが強すぎて視界が悪くなると、追突をしてしまう危険性があるのです。このようなときはできる限り車を運転しないか、スピードを落とさないといけません。

道路の凍結で運転が困難になる


冬になると道路が凍結することもあります。しかも雪が降れば、さらに運転が難しくなるでしょう。アイスバーンによってタイヤが空回りしてしまうこともあれば、スリップして車が回転してしまうこともあるのです。雪が降ったらチェーンを取り付けるか、スタットレスタイヤに変えるのが常識です。

しかし、それでも事故が発生しやすくなりますし、下手をすると横転してしまうこともあるので、十分注意しないといけません。速度を落とすのは当然として、ブレーキの操作にも注意しましょう。自信がない人は運転を控えるのが最もよい方法です。

まとめ

雨や雪、路面の凍結などで、さらに交通事故の発生率が上がってしまうので、天候が悪いときにはきちんと対策をしておく必要があるでしょう。特に関東以南の人たちは、雪道の運転には慣れていないので、より交通事故が発生しやすくなるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です