交通事故が発生しやすい場所とはどこか

交通事故は場所によって発生しやすいところと、発生しにくい場所が存在しています。発生しにくい場所でも当然注意する必要があるのですが、発生しやすい場所ではより注意しないといけません。止まるべき場所ではしっかりと止まり、スピードを落とすべきところはしっかりと落としましょう。

交差点が最も発生しやすい


交通事故が最も発生しやすい箇所は交差点です。比較的広い交差点であっても、実際には交通事故が発生しているので、十分注意しないといけません。運転手が十分注意していても、歩行者や自転車が急に飛び出してくることもありますし、相手が悪くても車が悪くなってしまうのが今の日本です。

交差点では信号が青になっても急に飛び出さないことや、自分が先頭のときにはゆっくり走り出し、交差点を抜けてから普通に走るようにしましょう。そうするだけでもかなり交通事故を防ぐことができますし、急に飛び出してきてもすぐに止まれます。

見通しの悪い道は要注意


交差点以外にもいろいろな場所で交通事故が発生しています。特に細くて見通しがよくない道路などでは急に飛び出してくる人がいるので、交通事故が発生しやすくなっています。玄関から急に子供が飛び出してくるケースもあるので、細くて見通しの悪い道ではスピードをしっかりと落としましょう。

あまり車が通らないような道では、子供が道路で遊んでいることもよくあります。車が来ても気が付かない場合も多いので、ある程度近づいても遊ぶのを止めないようであれば、クラクションを鳴らすという方法も有効的です。

まとめ

交通事故が発生しやすい場所を走る場合には、しっかりと周りに気を配って走行しないといけません。特に交差点では信号が変わった直前に、猛スピードで走り抜けていく人もいますが、これが事故の元になるのです。無理な運転は絶対に止めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です